柏木様写真館
写真集 1964年・65年  1964年(昭和39年)〜1965年当時の貴重な写真



前のページへ戻る その[2]
【5】[1系統]五稜郭駅前発−五稜郭公園前、栄町経由−弁天行の724号
  724号は現在も健在の車輌です。当時は、このように、側面の車番は台車の右上の
  車体に書かれていました。また、乗車口右上の窓の上の行先方向幕にも、行き先が
  表示されていました。「(函館ト)ヨペット株式会社」の文字が見えますので、
  「梁川車庫前」を出発し、「梁川町」(写真右方向)に向う遠ざかる姿を撮影されたようです。

【6】駒場車庫の405号
  屋外に展示保存されていた頃の405号です。惜しくも1970年(昭和45年)11月9日に
  解体されてしまいました。解体される6年前、まだ元気だった頃の貴重な写真です。
  405号は唯一残っていた最後の400型でした。残念です。

【7】駒場車庫の307号、715号、312号
  300型と710型が一緒に写っている貴重な写真です。
  312号は、1970年(昭和45年)に引退した後、「梁川町交通公園」にしばらく屋外展示
  されていました。しかし、車体の損傷の為、後に解体されています。
  307号は花3号(港祭用装飾車)として、車体部分を取り除き台車部分、電気系統、
  電動機系統が残されています。
  307号の後ろに樹木がみえ、林のようにもみえますが、現在は住宅が建ち並んでいます。
  715号が健在なのがとても嬉しいです。

【8】[2系統]谷地頭発−松風町、函館駅前経由−柏木町行、駅前の605号
  昭和40年6月1日撮影のカラー写真です!
  600型をカラーで見たのは、はじめてです。拝見したとき大変驚きました...(滝汗。
  しかも、操車塔まで写っています!
  カラーフイルムが大変高価な時代に、このような貴重な写真を残してくださったことに
  心から感謝申し上げる次第です。白黒であったとしても、もちろん大変貴重な写真
  です。前のページへ戻る

トップページ
乗車料金と所要時間
函館市電の歴史
昔の車両のご紹介
車両のご紹介
営業路線のご案内
資料・情報館
写真館
リンクのコーナー
写真の著作権
コンテンツ一覧