富士山で1人死亡 3トンの岩が600メートル転落 
2009/7/15

富士宮口登山道の入り口(標高約2400メートル)付近の駐車場で、
7月13日夜、重さ約3トンの落石が落石防止柵をつきやぶり、
キャンピングカーを直撃し、一人の男性が亡くなりました。

落石は、県の調査によりますと、標高約3000メートル付近から、
約600メートル落ちてきたとみられています。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090714-OYT8T01085.htm


登山道、下山道では、できるだけ山肌(山側)に近い方を歩行するように、
心がけてください。そのことが落石防止につながります。

谷側を歩き、石を下に落とすことは、たとえ小さな石でも、
大きな落石事故につながる危険性があります。

皆様のご協力をお願いいたします。